ワイズのDX(Digital Transformation/デジタルトランスフォーメーション)

グローバル規模で目まぐるしく環境が変化しているなか、ビジネスモデルや組織の本格的な変革が必須となっています。ですが、複雑化・老朽化・ブラックボックス化した既存システムが残存しDX推進に至っていない企業が大半です。 業務プロセスだけでなく企業活動の全体をデジタル化することで、企業のあり方そのものを変え、顧客に新しい価値を提供する大きな変革が求められますが大多数の方がDXの進め方に戸惑っているのが実情です。IT・デジタル技術とデータを活用しDX推進することで、企業の成長、競争力強化、ビジネス変革や新たなビジネスモデル創出を実現できます。 ワイズは1995年の創業以来、事務機器・事務用品の販売だけでなくハードウェア・ソフトウェアの生産、ライセンスの輸入などを通じて、様々なノウハウを蓄積してまいりました。時々刻々目まぐるしく変化する情報ネットワーク環境の整備のために、そのノウハウを投入し、IT・デジタル技術とデータを活用したDX推進にかなう商品開発・サービス運用に注力することが我々の社会的責任であり利益貢献活動と考えております。 DX推進の支援サービスを展開し、我々の一貫した企業理念である日本経済の屋台骨である中小企業の皆様に必要とされる企業を目指します。

ワイズDX推進戦略

ワイズが日々、中小企業のDXを支援するために取り組んでいる施策は次のとおりです。 基幹システム・社内掲示板・チャットツールを活用し、利益貢献活動をする中で集まってくる情報やデータを全社で共有し社内研修や会議を行うことで高いレベルのサービス提供を図ります。 集約されたノウハウは営業・開発・工事・保守・業務が均一化した一元管理で中小企業のニーズに最適手で応えるために活用します。 集約されたノウハウを基盤に最新デジタル技術を用いた商品開発やサービス運用の提供を行いお客様のDXを推進します。

DX戦略を進める体制

メーカー事業と商社事業で全国から収集されるお客様と販売協力店の声を有効活用し、社内外の問題点を把握し機敏に施策できるよう取締役会直下にDX戦略本部を設置しました。

最新の情報処理技術活用環境の整備

中小企業の皆様に必要とされる商品とサービスを提供出来るように開発し、社内の情報ネットワーク環境の整備に努めています。 部署ごと担当者ごとに偏っていた集積情報を全社で可視化出来るように基幹システムを整えました。各拠点部署で情報共有するうえでゼロトラストネットワークでもセキュアな環境を保てるようにネットワークセキュリティ機器を開発し社内に組み込み、改修したうえで自社の営業と販売協力店を通して中小企業の皆様に提供しております。 また、働き方の多様化を実現させるソリューションとしてオンプレとクラウドのハイブリッドクラウド環境の整備を行い、データの保存先を種類ごとに分ける取り組みを実行することで、業務遂行レベルの向上に力を入れています。

DX戦略指標

IT・デジタル技術とデータを最大限活用し、顧客情報と日々の問題と改善を共有し、業務の属人化解消を目指します。 社内研修・会議・伝達はチャットツールを積極的に活用しアジャイル開発を目指します。 市場のニーズ(DX推進)に適う商品とサービスを開発提供し顧客満足度の向上を目指します。

DX推進をワイズ発信 代表取締役メッセージ

中小企業の皆様が直面している『自然災害』『グローバル化した全世界の地政学的リスク』『気候変動』『産業構造の変化』などに対抗できる経営資源の有効活用と新たな価値を創出するアクションの提供をします。 IT・デジタル技術とデータを活用するためのNASサーバーとクラウドストレージサービスの開発販売、事業継続計画・災害復旧のためのクラウドバックアップ、ゼロトラストセキュリティのためのネットワークセキュリティ機器を継続的に開発し、自社販売だけでなく販売協力店を通じて全国の中小企業の皆様に発信していきます。

代表取締役
内藤 芳郎